100万都市の神戸には賃貸も豊富

  • 神戸の賃貸物件正式契約までのプロセス

    • 神戸の賃貸物件探しで気になる物件が見つかったら、不動産会社に予約をして現地見学をします。
      物件広告を閲覧するとその物件の間取りや広さ、収納スペース、方角や駅からの所要時間などいろいろなことがわかりますが、現地見学は必ず必要です。


      広さが畳数で記載されている場合は畳の規格によって実際の広さが思っていたものと異なる場合がありますし、周りの建物次第では南向きでも日当たりがよくないこともあります。

      駅やバス停から物件まで歩いてみることで道路事情や周辺の様子もチェックできるのも、現地見学の目的のひとつです。

      気になる神戸の賃貸物件の現地見学をして借りたい気持ちが固まったら、入居申込書を提出します。申込書は不動産会社や大家さんのところにあり、入居する予定の人について勤務先や年収などを記入して住民票とともに提出するのが一般的です。


      神戸で賃貸契約をするには連帯保証人を立てますが、入居申込書を提出する時には連帯保証人の同意書と印鑑証明も求められます。


      気に入った物件が見つかったらスムースに手続きするためには、早めに連帯保証人を依頼しておくことが必要です。入居申込みをすると、不動産会社や大家さんによる入居審査があります。
      入居審査は、その人が神戸の物件を貸すにふさわしい人かどうかを経済状況や人柄の面から調査するものです。

      審査をクリアすると、正式契約に向けた手続きがスタートします。

      神戸の賃貸情報の失敗しない選び方を紹介します。

      正式契約の前には、重要事項説明があります。

      重要事項説明は、法律でも定められた宅地建物取引主任者による最終確認のための説明です。

      説明では、費用や設備、禁止事項など物件に関するあらゆる事柄を書面で再確認します。

      今話題のガジェット通信情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

      重要事項説明を受けて全ての内容に納得したら、契約書に署名捺印の上で初期費用を支払って正式契約完了です。