100万都市の神戸には賃貸も豊富

  • 神戸の賃貸物件契約の初期費用敷金

    • 神戸の賃貸物件に正式に契約する時には、初期費用が必要です。


      初期費用のひとつに、敷金があります。
      敷金の目安は、地域や物件により若干違いがありますが家賃の2か月が一般的です。
      敷金は神戸の賃貸物件に正式に契約する時に大家さんに預けておくお金で、契約の担保金として民法にも明確に定められています。

      神戸の賃貸の情報を幅広く扱っているサイトです。

      敷金で担保する内容は、神戸の賃貸物件に契約してそこに住む人の義務・責任です。
      神戸の賃貸物件は大家さんの大切な資産なので、家賃だけ払えば自由に使えるわけではなく借り手にはいろいろな義務と責任が発生します。家賃の支払いは当然の義務ですが、善管注意や原状回復も借り手に課せられる責任です。

      ガジェット通信の珍しい情報をご紹介しています。

      善管注意というのは、借り物の部屋を適切な注意の上で大切に扱うことを意味します。



      原状回復は借りた部屋を元通りにして大家さんに返すことで、契約を解除してその物件から退去する時に適用されるものです。


      神戸の賃貸物件に契約する時の初期費用の敷金は、家賃の支払いや善管注意の義務と原状回復の責任を担保します。


      もしも家賃を滞納してしまったら敷金から充当し、善管注意を怠り退去時にクリーニングや修繕が必要になったらその費用を敷金から充当するという仕組みです。

      どんな物件も、年月が経てば汚れたり劣化します。

      宅地建物取引業法では経年による劣化は原状回復の義務を問わないと定めているので、故意や過失による汚損が原状回復の対象になります。

      善管注意で家具の下に敷板をしたり、熱を持つ家電は壁から少し離すなどの対策をすることで退去時の原状回復の範囲は狭めることが可能です。


      修繕費用などを清算後に敷金の残金は返還されるのが一般的なので、物件を大切に取り扱うことで退去時に戻るお金が多くなることにつながります。